3. spider.php

spider.phpは、サーバサイドで行う事が出来る処理を纏めたライブラリです。

  • Googl Map APIを使った女子校の地図の表示
  • 各種データをセレクトボックスで選択出来るアプリケーションを生成する機能
  • 各種データをテーブルレイアウトで表示出来るアプリケーションを生成する機能
  • データベースを参照してJSONを作成
  • Webページをファイルとして保存
  • PHPの配列をJavaScriptの配列に変換
  • AtomをXSLTを使ってHTMLに変換
  • RSSの読み込み
  • RSSをHTMLのリストに変換
  • ディレクトのファイル一覧を配列に変換
  • リモートページを取得する事が出来ます。
  • 取得したページをテキストに変換
  • 複数のページの一部分を書き換える
  • ImageMagikを使ったサムネイルの生成
  • カレンダーの表示

3.1. spider.phpを使う

3.1.1. spider.phpの呼び出し方

PHPファイルの上部に以下の文を付け加えます。:

require_once("Spider/spider.php");

3.1.2. クラスの生成

クラスを生成したい場合には、以下のように行います。:

$s = new spider();

4. メソッド

4.1. connectDB

データベースに接続します。:

$sdb = $s->connectDB("mysql","database name","host name","user name","password");

4.2. createjson

データベースからデータを取り出し、JSONに変換します。:

$s->createjson($sdb,$table_name,$mode);

$sdbは接続したデータベース、$table_nameは接続するテーブル名、$modeはJSONに変換するモード名です。 変換出来るモードは以下の通りです。

address - テーブルのid,name,addressの項目のデータを取り出す description - テーブルのid,name,descriptionの項目のデータを取り出す db - テーブルのid,name,address,descriptionの項目のデータを取り出す geo - テーブルのid,name,address,descriptionの項目のデータを取り出す

4.3. smartyAccess

smartyAccessは、テンプレートエンジン「Smarty」のテンプレート、キャッシュなどのディレクトリを指定するメソッドです。:

$s->smartyAccess()

4.4. json2smarty

JSONデータをSmartyのテンプレートに挿入します。:

$s->json2smarty($json_src,$smarty_template);

$json_srcは、JSONが保存されているディレクトリを指定します。 $smarty_templateは、Smarty用のテンプレートを指定します。

4.5. json2map

JSONデータをSmartyテンプレートとGoogleMaps APIを使って地図表示します。:

$s->json2map($json_src,$smarty_template);

$json_srcは、JSONが保存されているディレクトリを指定します。 $smarty_templateは、Smarty用のテンプレートを指定します。

4.6. superDB

superDBメソッドは、MySQLで構築したデータベースにアクセスして、テンプレートエンジン「Smarty」を通してセレクトボックスを使ったアプリ、GoogleMaps APIを使った地図アプリなどを表示する事が可能です。:

$s->superDB($mode);

$modeには、表示したいタイプを入力します。 $modeで用意しているタイプは以下の通りです。 news - ニュースサイトのリンク集 mugen - 格闘ゲームエンジン「M.U.G.E.N」のリンク集 crimemap - 犯罪が起こっている場所を地図に表示 crime2 - 新聞報道などが行われた事件・事故のデータベース schoolmap - 女子校の所在地マップの表示 technology - 日本の主要な理工系大学の所在地マップの表示 university - 西日本の大学の総合力ランキングのデータベース school_rank - 関西の高校の総合力ランキングのデータベース company - ブラック企業のデータベース

4.7. json_indent

PHP 5.3以下の場合、標準ライブラリにあるjson_encodeでJSONを整形する事が出来ませんので、代わりにこのメソッドを使う事で、PHP 5.3以下でもJSONを整形する事が可能になります。

$s->json_indent("xxx.json");

4.8. writeFile

ファイルを書き出します:

$s->writeFile("url","file","binary");
$s->writeFile("url","file","plain");

4.9. arrayForJS

フォルダ内のファイル名の一覧を取得後、JavaScript用の配列に変換します。:

$s = new spider();
$s->arrayForJS(ディレクトリ名,配列の変数名);

4.10. atomWithXSLT

XMLをXSLTで変換することが出来ます。:

$s->atomWithXSLT(atmのURL,XSL名);

4.11. loadRSS

RSSを読み込んで表示します。:

$s->loadRSS(URL);

4.12. RSS2List

RSSをHTMLのリストに変換します。:

$s->RSS2List(URL);

4.13. firefoxBookmarkList

Webブラウザ「Firefox」のブックマークをHTMLのテーブルにします。:

$s->firefoxBookmarkList(ファイル名);

4.14. createArray

ディレクトリのファイルを読み出して配列で返します。:

$s->createArray(ディレクトリ名);

4.15. getRemortPage

リモートページを取得することが出来ます。:

$s->getRemortPage(取得したいWebページのURL,書き出し用ファイル名);

4.16. remortPage2text

取得したページをテキストい変換する。:

$s = new spider(); $s->remortPage2text(html,始点,終点);

4.17. page_parts_change

複数ページの一部分を書き換えることが出来ます。:

$s->page_parts_change(ディレクトリ名,ページ数,キーワード,スクラップの最初の部分,スクラップの最後の部分,書き出し用のファイル名);

4.18. pageScrap

ページをスクラップします。:

$s->pageScrap(ディレクトリ名,ページ数,キーワード,スクラップの最初の部分,スクラップの最後の部分);

4.19. make_thumnail

ImageMagickを利用したサムネイルを生成します。:

$s->make_thumbnail(元の画像ソースの配列,リサイズした画像の配列,倍率,ImageMagickのURL);

4.20. calender

カレンダーを表示する:

$s = new spider(); $s->calender();